2016y10m05d_131515287

ダイエットしている人の中には、アルコールが好きという方もいると思います。

ただ、ダイエット中はカロリーが気になりますよね?

また、仕事やプライベートでお酒の席に誘われれば、ダイエット中だからとお酒を飲まないのは気が引けますし、飲むか飲まないか非常に迷いますよね。

ここでは、ダイエット中にアルコールはokなのか?ということと、ダイエットにokのおすすめアルコールをご紹介します。

「痩せたい!キレイになりたい!」と思ってる人は下記をクリック♡↓ ダイエット成功レシピ
Sponsored Link

ダイエットにアルコールはok?

ダイエット成功レシピ

結果からいうの答えは「イエス&ノー」です。

わたしたちがよく口にするアルコールには、醸造酒と蒸留酒の2種類あります。

醸造酒は、果物や穀物に酵母を加えて発酵させたお酒のこと。

ビール、日本酒、ワインなどがこれに当ります。

原料となる米、大麦、ぶどうの成分である糖質やたんぱく質などのカロリーがお酒に残るので、これらの醸造酒は太りやすいと言われています。

一方、醸造酒を蒸留して作られるのが蒸留酒です。

醸造酒を加熱し、蒸発した湯気を冷やして作られるので、蒸発しない成分は蒸留酒には入っていません。

そのため、ほぼアルコールと水分のみで、他の成分のカロリーがないので太りにくいといえます。

Sponsored Link

アルコールのカロリーは?

ダイエット成功レシピ

アルコールのカロリーはアルコール度数と比例しています。

度数が高いものほどカロリーも高くなります。

では、アルコール度数の高いお酒を飲むと太るのかというと、そうではありません。

アルコールのカロリーは「エンプティカロリー」といって、直接肥満には結びつかないといわれています。

ダイエット成功レシピ

ただ、アルコールには脂肪の代謝を抑制する働きがあるので、アルコールを摂取することで体脂肪の減少が邪魔されてしまいます。

アルコールが体内に入ると肝臓がアルコールを優先的に分解するので、他の役割がおろそかになります。

その為、グリコーゲン(一時的に保存するカロリー)を肝臓や筋肉に貯蓄することもできなくなり、行き場を失ったグリコーゲンが中性脂肪となり、体脂肪として蓄積されてしまいます。

また、アルコールには食欲増進効果があり、これが原因で太る人もいます。

アルコールを飲むと胃が刺激されて胃酸の分泌が活発になり、消化が促進されて食欲が湧きます。

さらに、アルコールには血糖値を下げる作用があり、血糖値が下がることで空腹を感じ、お腹が減ってなくても食欲が湧いてきてしまいます。

よく、お酒を飲んだ後にラーメンを食べたくなる!という人がいますが、これが原因です。

Sponsored Link

ダイエットにokのアルコールの種類

ダイエット成功レシピ

ダイエット中はアルコール抜きなのがベストですが、

それでもお酒を飲みたい!

お酒の席を楽しみたい!

そんな人もいますよね?

ここでは、そんな方におすすめのダイエットにokのアルコールの種類をみていきたいと思います。

焼酎

ダイエット成功レシピ

焼酎は蒸留酒の一種で、脂質・糖質を含みません。

その為、ダイエットにはおすすめお酒です。

水やソーダで割ることで、アルコール度数を下げることができるのもポイント。

オレンジやグレープフルーツ果汁を入れると、イノシトールという成分でコレステロールの代謝がアップします。

お湯割りすることでカラダを温めて代謝を上げることもできますし、ゆっくりペースで飲めるのでガブ飲みも防げます。

ハイボール

ダイエット成功レシピ

こちらも蒸留酒で糖質を含まないのでダイエットには最適。

ウイスキーに氷と炭酸水を注いで作ってあるので、ウイスキーをそのまま飲むよりもアルコール度を抑えることができます。

炭酸水による満腹効果も得られるので嬉しいですね♪

ブランデー

ダイエット成功レシピ

ブランデーも蒸留酒で糖質を含みません。

香りにリラックス効果があり、代謝促進のホルモン分泌を促す効果もあるので、ダイエットには一石二鳥ですね!

太りにくい飲み方は?

ダイエット成功レシピ

空腹時に飲まない

空腹時に糖質の入ったアルコールを摂取すると血糖値が急激に上昇します。

すると、血糖値を下げようとしてインスリンが大量に分泌されます。

インスリンは体内に残った糖を脂肪に変えて蓄える働きがあるため太りやすくなってしまいます。

お酒を飲む前にタンパク質と脂質を摂取

タンパク質や脂質を含むものは消化吸収に時間がかかります。

これらを先に取り入れてからお酒を飲むと、アルコールの吸収が穏やかになります。

空腹でのアルコール摂取も避けることができるので一石二鳥!

しらすおにぎり、チーズ、ビーフジャーキーなども高たんぱく質なのでおすすめです。

ゆっくり飲む

お酒も勢いよく飲むと、量が増えてしまいます。

アルコールが回ると気が大きくなって、ダイエット中でも大丈夫だよね♪とカロリーの高いおつまみもパクパク食べてしまいます。

余計なカロリーを増やさないためにも、お酒をじっくり楽しむためにも、「ゆっくり」を心がけましょう。

水も一緒に飲む

水分をアルコールと一緒に摂ることによって、血中アルコール濃度を下げることができます。

また、アルコールを分解・排出するためには大量の水分が必要なので、水分を取りいれる事でアルコールをどんどん身体の外に出していくことができます。

アルコールによる利尿作用で、身体が水分不足に陥ることを防ぐためにも水分を積極的に摂るようにしましょう。

二日酔い防止効果もあるので、翌日からまたフレッシュな気持ちでダイエットに取り組めますね☆

ダイエットするとアルコールに弱くなる?!

ダイエット成功レシピ

ダイエットすると酒に弱くなる

こんな噂を聞いたことはありませんか?

この噂もまったく根拠のないものではなさそうです。

糖質制限すると身体はまずイザという時に溜めておいたグリコーゲンを使います。

この際に沢山の水分を消費します。

そして、水分が少なくなり体が脱水状態になると、血液量が減ってしまいます。

この為、血液中のアルコール度数が高くなりやすいので、今までよりも酔いやすくなってしまうことがあります。

ただ、問題は身体が脱水状態になっているということ。

逆にここを改善すれば、アルコールに弱くなるということは防げますよね?

ダイエットしていてもお酒に弱くなりたくない!

そんな人は糖質制限している場合は、水分補給を十分していきましょう。

まとめ

ダイエット中でも工夫次第でアルコールを楽しむことができますね。

ダイエット中だから禁酒!と無理をしてしまうと、ストレスが溜まってダイエットも逆効果になってしまう可能性もあります。

お酒の席でも、種類を選んで、ゆっくり楽しみましょう。

関連記事:美味しく飲んで痩せる!ダイエットに良い寝る前の飲み物【5選】

「痩せたい!キレイになりたい!」と思ってる人は下記をクリック♡↓ ダイエット成功レシピ