ダイエット

 
 
食事制限も運動やマッサージもし、サプリも飲んだ。

でも、イマイチ効果が見えない。。(TT)

でもでも、短期間で絶対に痩せたい!

ここでは、そんな人におすすめの「1週間1キロ痩せる10のポイント」をご紹介します☆

「痩せたい!キレイになりたい!」と思ってる人は下記をクリック♡↓ ダイエット成功レシピ
Sponsored Link

1週間1キロ痩せる10のポイント

ダイエット

1. 飲み物は水だけにする

スポーツドリンクやエナジードリンク、フルーツスムージーなどは栄養補給の面では良いのですが、100kcalとカロリー自体は低くはありません。

しかも、液体のため食物で摂れる100kcalほどの満足感はなく、すぐに空腹になってしまいます。

また炭酸飲料などは、炭酸により一時的に満腹感は得られますが飲みすぎると気持ち悪くなってしまうことも。

そんな中、水は優秀でカロリーは0(ゼロ)ですし炭酸もないので、カロリーを抑える点でも気持ちよくダイエットを進めていくことができます。

しかも、火を加えていない生水は体内に溜まっている余分な水分を押し出す力があり、代謝も促進してくれます。

水だけでは味気ないと感じる場合は、フレッシュなレモン汁を加えてみたり、ミントの葉をプラスして気分転換をするのもいいでしょう。
 
 

2. 白米、パンとパスタを禁止

白米やパン、パスタなど糖質を多く含むものを制限することで、お腹周りに脂肪と肉がつきにくくなります。

糖質は消化されるのが早いのですぐにお腹が減りやすく、結果的に多く食べてしまった!ということがよく起こります。

これらを全粒のパンや玄米に置き換える人もいますが、それよりも更に進んだ方法として1週間の主食を野菜に置き換えてあげましょう。

チキンサンドイッチ→チキンサラダ、チップス+ソース→キャロット+ソースなどという様に置き換えてあげると、消化がゆっくりになり長時間満腹な状態で過ごすことができます。

また、野菜には多くの水分が含まれているため、体内の余分な水分も排出してくれるので、むくみ対策にもなります。
 
 

3.有酸素運動を1日最低30分行う

心拍数の上がる運動によって減量を目指している人もいるかと思いますが、有酸素運動を行うことにより複数の筋肉が刺激され、より多くのカロリーを消費することができます。

キックボクシングやブートキャンプが良い例で、腕や脚などを引き締めながら30分で200-300kcalを消費することができるといわれています。

やって→休む→やって→休む。。とインターバル形式で行うとより多くのカロリーが燃焼でるでしょう。
 
 

Sponsored Link

4.運動の1時間前にコーヒーを飲む

これは野球選手のダルビッシュさんもやっている方法。

運動の1時間前にコーヒーを飲むことで脂肪燃焼率がアップするそうです。

コーヒーに含まれるカフェインが、交感神経を刺激して、細胞にある脂肪がエネルギーとして使われやすくなるといわれています。
 
 

5.睡眠時間を今より30分長くする

今現在、睡眠時間が何時間であっても30分長く寝ることで食選びや食の嗜好が変わるといわれています。

また、睡眠を増やし疲労感を少なくすることで、「今日は疲れた」を理由に運動をサボったりするクセも改善できるでしょう。

欲を言えば7-8時間の睡眠がベストで、このくらいしっかり寝ることで代謝機能が正しく機能するようになります。

また、睡眠中に筋肉が作られ、その分脂肪も燃焼しやすくなるので結果的に痩せやすくなります。
 
 

6.細めの服を選んで着る

「痩せたら着よう」ではなく、「痩せる為に着る」のアプローチでダイエットが加速することがあります。

細めの服を着ることで(痩せたい)という淡い希望から(このままじゃダメだ。絶対に痩せてみせる!)という意志に変えることで、食や運動に対する姿勢が変わってきます。
 
 

7.昼にサーモンを食べる

サーモンにはダイエットに必要な栄養素がたくさん詰まっていて、脂肪を燃焼させる筋肉を作るのにも役立ちます。

栄養学者の中には、サーモンの調理方法に関わらずある一定のサーモンを食べると体のラインが引き締まると述べている人もいます。
 
 
ダイエット

 
 

8.姿勢を正す

背中をまっすぐにし、肩を少し後ろに引き、お腹を背骨に近づけるように意識すると姿勢が整い血行が良くなります。

血行が良くなると代謝の働きも良くなるので脂肪が燃焼されやすくなります。
 
 

9.スクワットと腹筋運動を強化する

これはボディービルダーが大会出場前にやっている方法で、筋肉を刺激することで体が引き締まり効果が見えやすくなります。

それぞれ10回を1日3セットずつ行うことで、お腹とお尻、脚を引き締めることができます。
 
 

10.腸内環境を整える

胃腸に老廃物が溜まるとガスが生成されやすく、お腹が張ってしまいます。

放っておくとガスが血液に混じり全身に運ばれるので、代謝を含めた機能を邪魔してしまう場合があります。

腸内環境を整えるためには、オリゴ糖や乳酸菌を含んだ食品やサプリメントを積極的に摂り不要なものを外に出していきましょう。

>>【簡単&効率的!】体脂肪を減らす食事と運動方法

>>【簡単押すだけ】ぽっこりお腹が凹む!痩せるツボ6選

「痩せたい!キレイになりたい!」と思ってる人は下記をクリック♡↓ ダイエット成功レシピ
Sponsored Link

★ 注目の人気記事 ★
ダイエット
>>【10選】ダイエットのモチベーションを維持する待ち受け画像
ダイエット
>>【3つのポイント】2ヶ月で15キロ痩せた人のダイエット方法
ダイエット
>>【10のポイント】1ヶ月5キロ痩せた人のダイエット方法
ダイエット
>>【プチプチいける☆】お尻・ふくらはぎセルライトの潰し方
ダイエット
>>【1週間-2cm】ふくらはぎが細く痩せるマッサージと筋トレ
ダイエット
>>【ダイエット効果抜群!】お灸で痩せるツボ7選
ダイエット成功レシピ
>>【これはヤバい!】人気激やせダイエットサプリの口コミと効果
ダイエット
>>【ダンスで脂肪燃焼】ダイエットにおすすめのズンバ動画
ダイエット
>>【5つのポイント】2ヶ月7キロ痩せた人のダイエット方法
ダイエット
>> 短期間で5kg痩せた人の効果的なダイエット方法
ダイエット
>>【3つの違い】ウォーキングとランニングのダイエット効果
ダイエット
>> 美味しく飲んで痩せる!ダイエットに良い寝る前の飲み物【5選】
ダイエット
>>【腹筋で痩せる!】女性におすすめの腹筋の鍛え方
ダイエット
>>【3つのポイント】2ヶ月で15キロ痩せた人のダイエット方法
ダイエット
>>【NASA認証レベル】雑穀米のダイエット効果と効果的な食べ方
ダイエット
>>【成功率85%】ためしてガッテン流の減量法
ダイエット
>>【10のポイント】1ヶ月5キロ痩せた人のダイエット方法
ダイエット
>>【画像あり】ダイエットで6キロ痩せた時の見た目はこんな!
ダイエット
>> ダイエット中の頭痛とめまいの対処法
ダイエット
>>【19の症状】その頭痛、ダイエット中の低血糖かも?!
ダイエット
>>【種類選びがポイント!】ダイエットに効果的なヨガ6つ
ダイエット
>>【あの人はこう痩せた!】芸能人のダイエットブログのまとめ
ダイエット
>>【20分×週3‐5回】痩せるのに効果的なジョギングペース
ダイエット
>>【Rocco流】1日0.5キロ痩せる方法
ダイエット
>>【実は太る人も多い】「ピルをやめると痩せる」のウソ・ホント
ダイエット
>>【コンビニドリンク5選】ダイエット中に良い飲み物
ダイエット
>>【絶対痩せる!】と思わせるiphoneの待ち受け画像10選