食べると太るイメージのあるチーズですが、近年はダイエットに良いということで注目されています。

ダイエット中だからカロリーが高そうなチーズは控えてる。

そんな人も必見です!

今回はそんなチーズのダイエット方法と摂取量の適量、その効果についてお伝えします。

「痩せたい!キレイになりたい!」と思ってる人は下記をクリック♡↓ ダイエット成功レシピ
Sponsored Link

参照:チーズの科学

チーズダイエット方法は?

呼吸

チーズダイエットはチーズに含まれる栄養素で代謝を促進することが目的になります。

3色全てにチーズを使う必要はなく、特定のレシピで食べなければならないという縛りもありません。

ただ、次の食品とチーズを一緒に食べることで相乗効果が期待できるので、さらなるダイエット効果が欲しい人はこういった組み合わせもおすすめです。

● チーズ+トマト⇒脂肪燃焼効果
● チーズ+バナナ⇒基礎代謝向上
● チーズ+赤ワイン⇒チーズの脂肪の吸収を抑制

これらを一緒に食べていると便秘にならなくなったという口コミもありました。

食べるタイミングも好きな時に食べるだけでOKなので、ご自身のライフスタイルに合わせて摂り入れてみて下さい。

Sponsored Link

チーズダイエットの摂取量の適量は?

ダイエットをする場合のチーズの理想的な1日の摂取量は30~60gだといわれています。

料理に加えるのも良いですし、ダイエット中の空腹時や間食としてもチーズを摂り入れるのも良しです。

Sponsored Link

チーズダイエットの効果は?

チーズは食べると太るというイメージがありますが、実は最高のダイエット食品なんです。

チーズの成分は、水分を除くと半分はタンパク質、半分は脂肪です。

これだけ聞くと太りそうに感じますが、チーズの死亡には動物性脂肪の中でも珍しい揮発性脂肪酸(VFA)である「酪酸」が含まれています。

この「酪酸」は体脂肪蓄積のコントロールに役立ち、肥満になりにくいという性質を持ちます。

また、チーズに多く含まれているビタミンは、脂肪の体内燃焼を促進するという働きがあり、肥満防止の効果があるといわれています。

カルシウムが多く含まれているので、脂肪の蓄積を防ぐこともでき、肥満予防にも役立ちます。

アメリカのテネシー大学が3カ月間のカロリー制限を行った時の体重変化について研究したところ、チーズなどの乳製品カルシウムを取った人の方がそうでない人に比べて1.5倍も体重が減少したそうです。

さらに、コレステロールの吸収を阻害するペプチドも含まれているので、適量を摂取することで生活習慣病の予防にも良いとされています。

チーズダイエットにおすすめのチーズの種類

ここでは、チーズダイエットにおすすめのチーズの種類をご紹介します。

※以下、100gのカロリーを示しています

● カッテージチーズ 105kcal
● モッツァレラチーズ 250kcal
● カマンベールチーズ 310kcal
● プロセスチーズ 339kcal
● クリームチーズ 346kcal

低カロリーのチーズならならカッテージチーズが断トツでトップです。

ただ、同じチーズばかりだと飽きてしまうこともあると思うので、気分に合わせて色々な種類のチーズを食べてみるといいかもしれませんね♪

チーズを食べると血圧は上がるの?

ダイエット成功レシピ

血圧を上がる成分としては食塩が有名ですが、チーズも塩分が多いイメージがありますよね?

実はチーズに含まれる塩分は意外と少なく、含有量が一番多いといわれるブルーチーズでも4.5%以下です。

他の食品と比較しても、特別塩分が多いということはないので、思っているよりは塩分は少ないということになります。

また、熟成したチーズには血圧を下げる作用があるといわれるペプチドが多く含まれています。

これらが腸管からきゅうしゅうされることで血圧を下げる効果が期待できるため、チーズを食べて血圧が上がることは少ないと考えられます。

チーズには虫歯予防の効果もある!?

最近の研究では、チーズに含まれるリン酸カルシウムに虫歯でできた歯の穴を補修する作用があることが分かりました。

また、チーズの乳タンパク質が持つ酸を中和する性質に、虫歯の予防効果があることも報告されています。

世界保健機関(WHO)では、硬質チーズの虫歯予防効果はシュガーレスと並んで「probable(高い可能性)」に分類されるほど。

ただ、歯磨きをサボってよいということにはならないので、引き続き歯磨きはちゃんとしていきましょう。

まとめ

カロリーが高く太ると思っていたチーズにダイエット効果があるとは驚きですよね?

チーズも適量を摂取しながら、ダイエットをサポートしていきたいですね☆