呼吸

代謝が悪くて太りやすい

運動してもなかなか体重が落ちない

それ、もしかすると「浅い呼吸」が原因かもしれません。

今回は「呼吸とダイエットとの関係」「正しい呼吸法によって得られる効果」「正しい呼吸の仕方」についてみていきたいと思います。

「痩せたい!キレイになりたい!」と思ってる人は下記をクリック♡↓ ダイエット成功レシピ
Sponsored Link

呼吸とダイエットとの関係は?

呼吸

わたしたちが無意識に行っている「呼吸」に対して、意識的に行うものが「呼吸法」と呼ばれています。

呼吸が酸素を取り入れて二酸化炭素を排出する「生きるための動き」だとしたら、呼吸法はココロとカラダを調整する健康法になります。

呼吸法は、武道の基本としても取り入れられていて、身体の内側と外側の筋肉を連動させて動かすことができます。

ここ数年、代謝を促進できるということで人気となっている「ロングブレスダイエット(呼吸と共にお腹を大きく伸び縮みさせる筋トレ運動)」もこの運動を活用した方法です。

ちなみに、呼吸法によるダイエット効果を期待するのであれば、腹式呼吸をしながら、手を大きく振って大股で歩くのがおすすめです。

歩くこと自体で全身の血行が良くなり、筋肉に蓄積された疲労物質が血液とともに押し流されやすくなるので、より高いダイエット効果が期待できます。

女性は呼吸法が苦手な人が多いですが、お腹に手を当てて、吸う時にお腹が膨らみ、吐く時にへこんでいるか確認しながら歩くと分かりやすいです(^-^)

腹式呼吸歩きの歩行時間は、最初は5~10分で十分ですが、慣れてきたら次第に時間を延ばしていきましょう。

Sponsored Link

呼吸法を整えると肩こりが改善される理由は?

呼吸を行うに肩や首の筋肉も働いているので、呼吸法を行うことにより肩や首の筋肉がしっかりストレッチされます。

また、呼吸法には血流を良くする作用も期待できるので、上半身にの血行を促進してコリを解消・予防できるといわれています。

正しい呼吸法によって得られる効果はまだまだある!

呼吸

呼吸法にはダイエットや肩こり解消以外にも、次のような効果が期待できるといわれています。

姿勢が良くなる

姿勢を支える筋肉(抗重力筋)の多くは、運動時に呼吸をサポートする筋肉だといわれています。

中でも背すじを立てるのに重要な脊柱起立筋(せきちゅうきりつきん)は、呼吸をする時に頻繁に使われます。

その為、呼吸法を行うことで脊柱起立筋が刺激され、姿勢が良くなります。

猫背が治る

猫背は、腹筋や横隔膜の筋力の低下することによって起こることが多いといわれています。

加齢や運動不足から腹筋や横隔膜の筋力が低下すると腹圧が低下します。

そして結果的に、腹圧で胸郭をしっかりと支えることができず、胸郭が下がってしまい猫背になります。

呼吸法には、腹筋と横隔膜の筋力を強める・腹圧を高める・胸郭を持ち上げるなどの働きがあるので、猫背矯正に効果的だといわれていまsす。

自律神経が整う

呼吸法の一番のメリットがこれでしょう。

緊張・ストレスといった状態にある時には交感神経が優位になりますが、自律神経を整えるためには副交感神経を機能させてバランスを取る必要があります。

わたしたちが息を吐く時に副交感神経が高まるので、正しい呼吸法を行うことで交感神経と副交感神経のバランスを取り、自律神経を整えることができます。

自律神経は内臓や血管の働きをコントロールしているため、腸の調子が良くなったり、冷えが改善することもあります。

リラックスする

これは、ヨガなど呼吸法を行っている多くの人が実感する効果として知られています。

呼吸と脳は密接な関係にあり、正しい呼吸を行うことにより、リラックスに関わる脳内物質「セロトニン」がたくさん分泌されます。

肝臓・胃腸の働きをスムーズにする

呼吸法で「横隔膜」を動かす時、肝臓や胃腸がマッサージされた状態になります。

呼吸を正しく行うことで、肝臓や胃腸などの内臓が動くリズムが整い、内臓が正しく機能するようになります。

デトックス効果

呼吸法は、免疫にとって重要なリンパ系が腸の中の不要なものを排出するのをサポートしてくれます。

心臓負担の軽減

胸部や腹部への圧力が軽減されるので、心臓への負担が減ります

正しい呼吸法「腹式呼吸」

呼吸

正しい呼吸法は「腹式呼吸」とも呼ばれています。

この呼吸法は歌手の呼吸法としても知られていて、赤ちゃんが自然に行っている呼吸法でもあります。

では早速、呼吸法をみていきましょう。

【吸う】

お腹をゆるめながら、鼻からゆっくりと息を吸います。

お腹がゆったりと膨らむのを意識しましょう。

手をお腹にのせると、息の出入りが分かりやすいです。

【吐く】

お腹をぐーっとへこませながら、口からゆっくりと息を吐きます。

その時に、お腹の中央だけが凹むのではなく、お腹が筒状に縮まることを意識しながら全体を凹ませましょう。

正しい呼吸法「胸式呼吸」

肋骨と胸の筋肉を動かして胸郭を大きく膨らませることを意識する呼吸法が「胸式呼吸」です。

加齢や運動不足によって、胸や背骨の柔軟性が失われると猫背になりやすくなりますが、そんな猫背を防ぐのに役立つのが「胸式呼吸」だといわれています。

では、こちらも呼吸法をみていきましょう。

【吸う】

助骨のした当たりに両手を当てて、胸を膨らませながら鼻から息を吸います。

【吐く】

口からゆっくりと息を吐きながら、助骨が縮まるのを意識して胸を緩めます。

まとめ

普段、何気なく行っている呼吸ですが、ちょっと意識するだけで健康やダイエット効果がグーンッとUPします。

ふだんから意識的に腹式呼吸を行い、健康とキレイなスタイルを維持していきましょう。

「痩せたい!キレイになりたい!」と思ってる人は下記をクリック♡↓ ダイエット成功レシピ
Sponsored Link